2019-04-14
カテゴリトップ>アウトボード>その他アウトボード
Rupert Neve designs/5060 Centerpiece偉大なレコーディングコンソールから生まれた5060 Centerpieceは、21世紀のあなたのスタジオのクラスAアナログによる心臓部となります。
5060は、NEVEのフラグシップ5088コンソールのセンターセクション、NEVEカスタムトランスによる外部アウトボードとの結合、自由度の高いモニタリング、DAWトランスポートコントロール、Rupert Neve設計による24x2のミックスバス、、、これらがデスクトップサイズに集約されているのです。


■製品概要
Define Your Workflow
5060でアナログ/デジタルのハイブリッドミックスシステムを構築できます。
モジュラーシステムの様にあなたが本当に必要なものだけを揃えて5060を中心に組み上げることができるでます。
現代のDAWコントロール技術を活用しつつ、DAWからのステム出力と5060をシームレスに統合しアナログによるファイナルミックスを作ることができます。
これをステレオ出力、ソース選択、モニターセクションからのスピーカー出力に供給できます。

5059ミキサーとPorticoモジュールを合わせて使うことで5060はアナログシステムの核となります。
5059は個別のチャンネルコントロール、AUXルーティング、チャンネル数拡張を、Porticoモジュールには、プリアンプ、EQ、ダイナミクスが揃っています。
5060はこれらをひとつのシステムとして統合できます。あなたが思い描く夢のハイブリッドワークフローを実現させるものです。

Define Your Tone
NEVEカスタムトランス、Class-Aのミックスバス、可変式のSILK機能によって5060は全体をワイドレンジなトーンキャラクターを持たせることができます。リッチでサチュレーションを効かせたヴィンテージなVIBEが必要であれば、ミックスバスをハードにドライブさせて、テクスチャーノブ回す。
-または、SILK機能を完全に切り、ワイドでオープンなソニックビューティーなサウンド得る。

5060でアナログ/デジタルのハイブリッドミックスシステムを構築できます。
モジュラーシステムの様にあなたが本当に必要なものだけを揃えて5060を中心に組み上げることができるでます。
現代のDAWコントロール技術を活用しつつ、DAWからのステム出力と5060をシームレスに統合しアナログによるファイナルミックスを作ることができます。
これをステレオ出力、ソース選択、モニターセクションからのスピーカー出力に供給できます。

SILK機能はテクスチャを増加させることで、出力トランスへのネガティブフィードバックを低減させ高調波成分を付加させることができます。
SILK REDモードは、中高域~高域、SILK BLUEモードは、中低域~低域をそれぞれ強調します。

SILK機能が入った状態のユニットの歪特性と高調波成分は、Rupert Neve が設計したヴィンテージのClass-Aデザインを連想させます。
これらのコントロールは5060の比類なきオプションとなり、様々のソースにクリエイティブに使うことができます。

5059 Satellite ミキサーを5060と組み合わせることで、ステム出力をインサート、センドからプロセッサーにパラレルで送り、それを再び9-24入力に戻し、異なるSILK&テクスチャー設定をステレオ出力に加えることでコントロールできます。

The New Analogue Standard
デジタル技術が行き来している間、ルパート・ニーヴは数十年前に、既に時代に流されないClass-A のモジュール型アナログ設計を確立しました。
近年のルパート・ニーヴは、クラシックアナログ機器のクローン製品作りに励む代わりに、新デザインに取り組むエンジニアチームを率いてソニックパフォーマンスとプリンシプル、自由度とエルゴノミクスの新たな高みへ挑戦してきました。

これらの設計は、ルパート・ニーヴの広大なアナログ回路の知識の集大成である5088コンソールのハイボルテージ、Class-Aディスクリートとトランスフォーマーカップルの技術を体現したアーキテクチャーになっています。

5060 Centerpieceの主な目的は、5088の尋常ならざる品質をコンパクト、モジュラー型の枠組みの中で実現することでした。相互接続性、卓越した忠実性、SILK機能を備えた5060は、サウンド意識の高い近代的なスタジオの理想的な核となります。

偉大なレコーディングコンソールから生まれた5060 Centerpieceは、21世紀のあなたのスタジオのクラスAアナログによる心臓部となります。